【厳選16】おすすめのウォーキングコース〜小田原・石垣山一夜城ウォーク〜

小田原城天守閣から見た石垣山一夜城 ウォーキングコース

自然を満喫できると人気の登山や新しい発見・散策が人気の街歩き・ウォーキングですが、いざ始めようと思っても、どこを歩いたら良いのか迷うことはないでしょうか。

富士箱根周辺(神奈川県西部)でおすすめのウォーキングコースは、小田原城と太閤一夜城、長興山史跡をめぐる「小田原・石垣山一夜城ウォーク」としました。「小田原城」は広大な外郭を有する平山城で、戦国時代の北条氏の本拠地として有名です。一方、豊臣秀吉が、その小田原城攻略の際に一夜のうちに築城したとされるのが、「石垣山一夜城」です。

本コースでは、歴史ある小田原城石垣山一夜城めぐりと、しだれ桜で有名な長興山史跡をたどります。

小田原駅が起終点で交通アクセスも良好で、手軽にウォーキングが楽しめるコースになります。

この記事で分かること
  • おすすめのウォーキングコース小田原・石垣山一夜城ウォークがわかる
  • 小田原・石垣山一夜城ウォーク」ルートの特徴、見どころ、グルメスポット(観光・立ち寄り)がわかる
  • 体力や目的に応じて、おすすめアレンジコースも紹介

それではいってみます。

「小田原・石垣山一夜城ウォーク」 ウォーキングコースの概要

まずは、「小田原・石垣山一夜城ウォーク」 ウォーキングルートに関する基本情報は以下になります。

  • エリア:神奈川県小田原市
  • コース概要
    1)JR小田原駅(西口)(Start)→(約15分)→2)小田原城(学橋)→(約20分)→3)小田原文学碑→(約30分)→4)早川港→(約1時間)→5)石垣山一夜城歴史公園→(約15分)→6)早川石帳場群→(約1時間)→5)長興山しだれ桜→(約1時間30分)→6)城山公園→(約1時間)→5)小田原城→(約15分)→6)JR小田原駅(東口)
  • 難易度:体力 ★★★☆☆ 、技術 ★☆☆☆☆ 、危険 ★☆☆☆☆
  • 歩行時間:6時間5分
  • 距離:19.3km、標高差252m
  • 歩数*):27,183歩
  • 消費カロリー:1790kcal
  • 交通機関(アクセス)
    【電車・バス】;JR小田原駅
    【車】JR小田原駅周辺の有料駐車場

*)歩数は、1歩71cmで歩数を算出しています。
(日本人女性の平均身長は158cm、歩数の計算方法は身長×0.45なので、158cm×0.45=71.1cm)

■地図情報

地図上での位置や標高は次のとおりです(青線がルートです。拡大もできます)。

周辺情報がわかるグーグルマップはこちら。右上の□クリックで拡大もできます。

「小田原・石垣山一夜城ウォーク」特徴・見どころ・グルメスポット

■難攻不落の小田原城と狩野殿小路で歴史をたどる

1)JR小田原駅(西口)(Start)-小田原城-小田原文学碑(約35分)

JR小田原駅(西口)
JR小田原駅(西口)
小田原駅前の北条早雲公像
小田原駅前の北条早雲公像
小田原城天守閣
小田原城天守閣
小田原城の学橋
小田原城の学橋
小田原城堀を飛ぶカモメ
小田原城堀を飛ぶカモメ

スタート、ゴールは、JR小田原駅としました。出発は小田原駅西口です。駅前広場には、北条早雲公の凛々しい像があり、小田原が小田原城の城下町であることを印象づけています。

西口から駅の周囲を回り高架を渡り駅の東側に出ます。高架周辺からは、小田原城の天守閣を美しく見ることができます。お城をぐるっと周遊する形で学橋から場内を通り、小田原文学館を目指します。城内をじっくり見学するのは、コース最後とし、先を急ぎます。

2)小田原文学碑-石垣山一夜城(約1時間30分)

西海子小路
西海子小路
早川の下流
早川の下流(早川橋付近)

旧町名保存碑を通り、狩野殿小路西海子小路といった風情ある小路を通ると、小田原文学館に着きます。歴史や文学の香り漂う素敵な小路と文学館です。

小路を抜け、南下して早川橋、早川港を目指します。

広大な相模湾
広大な相模湾
小田原漁港(早川漁港)
小田原漁港(早川漁港)
石垣一夜城付近からの小田原市街の眺望
石垣一夜城付近からの小田原市街の眺望
石垣一夜城付近からの相模湾の眺望
石垣一夜城付近からの相模湾の眺望

小田原の主の漁港は早川漁港となります。漁港の前に広がる相模湾は、日本三大深湾の一つ、四季折々の豊富な魚種の水揚げが自慢です。周辺には新鮮な海鮮料理が食べられる飲食店やみやげ物店が多くあります。

漁港の雰囲気を堪能したのち、石垣山を目指します。

JR早川駅の南側を通り、東海道本線の線路下をくぐって、お稲荷さんの角を渡り、東海道新幹線の下を通り、舗装された農道を登っていきます。途中小田原の街並みや、相模湾の眺望が楽しめます。

■太閤一夜城からは、秀吉が制した小田原城や小田原の市街地そして相模湾等が一望

3)石垣山一夜城-長興山しだれ桜(約1時間15時間)

石垣山一夜城歴史公園からの小田原市街と相模湾の眺望
石垣山一夜城歴史公園からの小田原市街と相模湾の眺望
石垣山城 南曲輪石垣
石垣山城 南曲輪石垣
早川石丁場群関白沢支群
早川石丁場群関白沢支群
コース途中の木々(季節は11月)
コース途中の木々(季節は11月)

農道を進んでいくと、石垣山城跡(石垣山一夜城歴史公園)につきます。豊臣秀吉が、小田原城攻撃の際に築城した石垣山城跡地を整備した公園です。公園内にある展望台からは、秀吉が制した小田原城や小田原の市街地そして相模湾等が一望できます。

一夜のうちに城を出現させたように、築城したという伝承に基づいて、この名がつきました。石垣山は、本来「笠懸山」と呼ばれていたが、天正18年(1590)豊臣秀吉が小田原北条氏を水陸15万の大軍で包囲。その本陣として総石垣の城を築いたことから「石垣山」と呼ばれるようになりました。

関東で最初に造られた総石垣の城で、石積みは近江(滋賀県)の穴太衆(あのうしゅう)〔石工の技術者集団〕による野面積み(のづらづみ)で、四百数十年の時を経ても当時の面影を色濃く残しています。

この城が、世に石垣山一夜城または太閤一夜城と呼ばれるのは、秀吉が築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓(やぐら)の骨組みを造り、白紙を貼って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を切り倒し、それを見た小田原城中の将兵が驚愕し、士気が低下。しかし、実際はのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間を費やしたことがわかっています。

石垣山一夜城を満喫した後は、早川石丁場群関白沢支群を通り、箱根登山鉄道の入生田(いりうだ)駅を抜けて、長興山のしだれ桜を目指します。

4)長興山しだれ桜-城山公園-小田原城-JR小田原駅(東口)(Goal)(約2時間45分)

長興山紹太寺
長興山紹太寺
長興山紹太寺のしだれ桜(桜の季節に是非来てみたい)
長興山紹太寺のしだれ桜(桜の季節に是非来てみたい)

長興山紹太寺のしだれ桜は、江戸時代の藩主、稲葉正則が植えたといわれ、樹齢約350年、高さ約13m、株元周囲約4.7mの大木です。見ごろは3月下旬から4月上旬頃で、満開時は花が滝のように垂れ下がり、見事な姿を見せてくれます。県下比類のない名木になります。

箱根登山鉄道のまっすぐに伸びる線路
箱根登山鉄道のまっすぐに伸びる線路
小田原城の常磐木門
小田原城の常磐木門
小田原城天守閣
小田原城天守閣

長興山を下って、城山公園を目指します。城山公園(海と城の見える丘)は、城山陸上競技場や城山庭球場もある公園で、小峰御鐘ノ台大堀切東堀小田原城 小峯御鐘ノ台中堀切といった、小田原城の広大な外郭を実感できる堀が今でも残されています。

城山公園から先、もう一度小田原城内に入り、天守閣を間近で感じます。小田原城の最大の特徴は、豊臣軍に対抗するために作られた広大な外郭です。八幡山から海側に至るまで小田原の町全体を総延長9キロメートルの土塁と空堀で取り囲んだものであり、後の豊臣大坂城の惣構を凌いでいたといいます。

小田原城の歴史に思いをはせ、JR小田原駅(東口)に戻ります。

お疲れさまでした。

グルメスポット(観光・立ち寄り)
  • 小田原漁港周
    • 漁港の駅 TOTOCO小田原
      • 小田原漁港交流促進施設「漁港の駅 TOTOCO小田原」が2019年11月にオープンしました。鮮魚、活魚及び水産加工品などの地場の水産物の販売や飲食を核として、地場産の農産物、土産物等を扱い、小田原の観光や地場産品のPRなど情報発信機能を備えた施設になっています。
  • 石垣山一夜城公園周辺
    • 一夜城ヨロイズカファーム
      • 一夜城を後ろに控え、相模湾を一望する風光明媚な土地に、畑と地産地消を目指したレストランとパティスリー・ブーランジェリー・直売所も完備。
  • 入生田駅(箱根登山鉄道)周辺
  • 風祭駅(箱根登山鉄道)周辺
    • 鈴廣かまぼこの里
      • かまぼこの里では、小田原・箱根ならではのお食事処やお買い物処のほか、かまぼこ博物館などの遊べるスポットも多数あります。
  • 小田原城南周辺
    • ういろう
      • 歌舞伎十八番の一つでもある「外郎売(ういろううり)」。「拙者親方と申もうすは、・・・」で有名なお店が、こちら。発声練習や滑舌の練習にもよく使われています。薬だけでなく、お菓子の「ういろう」もお土産として購入できます。

外郎売(ういろううり)『歌舞伎十八番集』はこちらをチェック👇

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原 』は、こちらをチェック👇

「小田原・石垣山一夜城ウォーク」おすすめアレンジコース

体力や目的・興味に応じたコースアレンジは可能です。

アレンジコース
  • コースを短くしたい場合
    • 入生田駅から長興山しだれ桜・石垣山をめぐりJR早川駅までコース(約2時間10分、7.5kn)
      • (社)日本ウォーキング協会公認「美しい日本の歩きたくなる道500選」選定されたコースになります。👉こちら
  • コースを長くしたい場合
    • 石橋山古戦場まであしを延ばすコース(約8時間)
      • 石垣山一夜城から石橋山古戦場まで足を延ばして戻ってきて、その後本コースを進む。往復で追加2時間コースになります。

『【厳選16】おすすめのウォーキングコース〜小田原・石垣山一夜城ウォーク〜』まとめ

静岡県在住30年以上の筆者が厳選する、富士箱根(神奈川県西部)のおすすめウォーキングコースは、小田原城と太閤一夜城、長興山史跡をめぐる小田原・石垣山一夜城ウォークとしました。

富士箱根周辺は、首都圏からも近く、訪れやすい地域でしょう。東京近郊からでも日帰り圏内です。

周辺は気候が温暖で、「春夏秋冬」様々な季節が楽しめるおすすめな場所になります。

おすすめポイント
  • 「小田原・石垣山一夜城ウォーク」のんびり歴史探訪・城めぐりが堪能できます。
  • アクセスの良さです。JR小田原駅が起終点です。
  • 小田原は人気観光地でもあり、気候も温暖で、食事処、見どころは多数あります。
おすすめでないポイント
  • さらに自然豊かな場所やトレッキングコースをお好みの場合は、本ブログの別記事を参照してください。

今後もおすすめのウォーキングコースや山歩きコースを順次ご紹介していきたいと思います。

ウォーキングの服装やグッズ選びで悩んでいる方は、是非以下の記事を参考にしてみてください。こちらをチェック👇

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました